2015年12月08日

栄養ドリンク剤の選び方


 とても疲れたときに疲労回復のために栄養ドリンク剤を飲む人は多いようですが、たくさんの種類のある栄養ドリンク剤の中からどのように選んだら良いのでしょうか。


現在、栄養ドリンク剤は数がわからないほどたくさん売られています。コンビニで買える数百円程度の栄養ドリンク剤から、数千円かかるような栄養ドリンク剤もあり、商品の差は色々です。


様々な栄養ドリンク剤が販売されてはいますが、どの商品でも、疲れがとれ、精がつき、元気がわいてくるというくらいで、大体同じような効果が書かれているものです。飲める分量については、基本的に、1日1本というものがほとんどです。


栄養ドリンク剤のメーカーが、個別に栄養ドリンク剤の特性を宣伝しているために、栄養ドリンク剤同士の比較検討がやりづらくなっているようです。何を基準にして栄養ドリンク剤の違いを選んだら良いのかわかりません。


選択する場合には、中に入っている成分がどんなものかをしっかりとチェックすることが大切です。常に体から疲労が抜けず、元気が出ないという場合は、ビタミンを配合したタイプの栄養ドリンク剤がちょうどいいと言われています。


漢方の生薬を、ビタミンの他に使っている栄養ドリンク剤もあります。病後の回復支援や、重い疲れがいつまでも残っている時に向いています。大幅に体力が減退している人や、疲れがなかなか抜けないという人は、生薬の入った栄養ドリンク剤が適しています。


何のために栄養ドリンク剤を使いたいかを明確にすることで、栄養ドリンク剤を選択しやすくなるでしょう。



posted by vegimix at 14:06| ダイエット食品の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

サプリメントを飲むタイミング


 一体どのタイミングで飲んでいいかが、サプリメントの飲み方で抱かれやすい疑問の一つです。
食事を終えてから30分以内に飲むようにするといいようです。それは、薬が食後30分以内の服用であるのとほぼ同様の理由です。食後の方が、食べ物と一緒に体に吸収されるので、空腹時に服用するよりも吸収率が上がって、より効率が高くなります。


サプリメントによっては、胃に何もない時に摂取すると、胃にダメージが及ぶものがあります。ですから、特別な飲み方の指示がないサプリメントについては、食後の30分以内に飲むように心がけましょう。


食後に飲むという飲み方は、薬を飲む場合と同様ですから、薬を飲むように摂取するとわかりやすいでしょう。サプリメントは薬とは違いますので、飲み方が同じでも混同しないようにしましょう。


薬同士でも、飲み合わせが悪い時がありますが、薬とサプリメントも同様に注意しなければなりません。一緒に飲んではいけない薬とサプリメントもありますので、薬を服用している方は医師や薬剤師さんに相談してから、サプリメントを飲むようにしましょう。


サプリメントは薬と違って食品扱いの商品ですが、それでも、薬の作用に変動を及ぼす場合があるということを、認識しておきましょう。


サプリメントは、栄養面で体をサポートすると同時に、飲み方を間違えると病気を悪化させる可能性もあるので、飲む場合には事前に確認しておくことをおすすめします。



posted by vegimix at 15:37| ダイエット食品の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする