2015年11月24日

ビタミン系サプリメント


 サプリメントを活用する人が増えてきている一方で、サプリメントの効果を十分に引き出す最適な飲む時間とはいつなのだろうと困っているような人もいるといいます。サプリメントのパッケージには、薬のように具体的に飲む時間の指示はありません。


サプリメントの効果によって、飲む時間帯をいつにすればいいかが違うというケースがあると言われています。ビタミンA、K、Dは油に溶け出すという性質があるため、脂溶性ビタミンという分類に入っています。


一旦摂取した脂溶性ビタミンは、体の中に留まり、すぐには体の外に出てこないという特徴を持ちます。脂溶性ビタミンを配合したサプリメントは、食事をしている最中や、食後に摂取することで、体内に吸収されやすくなると言われています。


一方、ビタミンB群及びビタミンCは水に溶け出す性質がある水溶性ビタミンで、体から排出されやすいビタミンです。早く体外に排出されるので、飲む時間帯としておすすめなのは、1日数回に分けて食後に飲むことです。


ビタミンCを風邪を引いた場合に飲むなら、寝入る前に摂取することがいいようです。起床時よりも、眠っている時のほうが、体がビタミンCを吸収する効率がアップするためです。


摂取したカロリーを、活動に必要なエネルギーに変えるには、ビタミンB群が有効です。そのため、運動の30分前摂取が、飲む時間に向いています。


ビタミンサプリメントの飲む時間は、どんなビタミンが含まれているサプリメントかによっても差が出ますので、場合によっては製造メーカーに問い合わせてもいいでしょう。



posted by vegi at 17:07| ダイエット食品の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。