2015年12月08日

栄養ドリンク剤の選び方


 とても疲れたときに疲労回復のために栄養ドリンク剤を飲む人は多いようですが、たくさんの種類のある栄養ドリンク剤の中からどのように選んだら良いのでしょうか。


現在、栄養ドリンク剤は数がわからないほどたくさん売られています。コンビニで買える数百円程度の栄養ドリンク剤から、数千円かかるような栄養ドリンク剤もあり、商品の差は色々です。


様々な栄養ドリンク剤が販売されてはいますが、どの商品でも、疲れがとれ、精がつき、元気がわいてくるというくらいで、大体同じような効果が書かれているものです。飲める分量については、基本的に、1日1本というものがほとんどです。


栄養ドリンク剤のメーカーが、個別に栄養ドリンク剤の特性を宣伝しているために、栄養ドリンク剤同士の比較検討がやりづらくなっているようです。何を基準にして栄養ドリンク剤の違いを選んだら良いのかわかりません。


選択する場合には、中に入っている成分がどんなものかをしっかりとチェックすることが大切です。常に体から疲労が抜けず、元気が出ないという場合は、ビタミンを配合したタイプの栄養ドリンク剤がちょうどいいと言われています。


漢方の生薬を、ビタミンの他に使っている栄養ドリンク剤もあります。病後の回復支援や、重い疲れがいつまでも残っている時に向いています。大幅に体力が減退している人や、疲れがなかなか抜けないという人は、生薬の入った栄養ドリンク剤が適しています。


何のために栄養ドリンク剤を使いたいかを明確にすることで、栄養ドリンク剤を選択しやすくなるでしょう。



posted by vegimix at 14:06| ダイエット食品の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

サプリメントを飲むタイミング


 一体どのタイミングで飲んでいいかが、サプリメントの飲み方で抱かれやすい疑問の一つです。
食事を終えてから30分以内に飲むようにするといいようです。それは、薬が食後30分以内の服用であるのとほぼ同様の理由です。食後の方が、食べ物と一緒に体に吸収されるので、空腹時に服用するよりも吸収率が上がって、より効率が高くなります。


サプリメントによっては、胃に何もない時に摂取すると、胃にダメージが及ぶものがあります。ですから、特別な飲み方の指示がないサプリメントについては、食後の30分以内に飲むように心がけましょう。


食後に飲むという飲み方は、薬を飲む場合と同様ですから、薬を飲むように摂取するとわかりやすいでしょう。サプリメントは薬とは違いますので、飲み方が同じでも混同しないようにしましょう。


薬同士でも、飲み合わせが悪い時がありますが、薬とサプリメントも同様に注意しなければなりません。一緒に飲んではいけない薬とサプリメントもありますので、薬を服用している方は医師や薬剤師さんに相談してから、サプリメントを飲むようにしましょう。


サプリメントは薬と違って食品扱いの商品ですが、それでも、薬の作用に変動を及ぼす場合があるということを、認識しておきましょう。


サプリメントは、栄養面で体をサポートすると同時に、飲み方を間違えると病気を悪化させる可能性もあるので、飲む場合には事前に確認しておくことをおすすめします。



posted by vegimix at 15:37| ダイエット食品の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月24日

ビタミン系サプリメント


 サプリメントを活用する人が増えてきている一方で、サプリメントの効果を十分に引き出す最適な飲む時間とはいつなのだろうと困っているような人もいるといいます。サプリメントのパッケージには、薬のように具体的に飲む時間の指示はありません。


サプリメントの効果によって、飲む時間帯をいつにすればいいかが違うというケースがあると言われています。ビタミンA、K、Dは油に溶け出すという性質があるため、脂溶性ビタミンという分類に入っています。


一旦摂取した脂溶性ビタミンは、体の中に留まり、すぐには体の外に出てこないという特徴を持ちます。脂溶性ビタミンを配合したサプリメントは、食事をしている最中や、食後に摂取することで、体内に吸収されやすくなると言われています。


一方、ビタミンB群及びビタミンCは水に溶け出す性質がある水溶性ビタミンで、体から排出されやすいビタミンです。早く体外に排出されるので、飲む時間帯としておすすめなのは、1日数回に分けて食後に飲むことです。


ビタミンCを風邪を引いた場合に飲むなら、寝入る前に摂取することがいいようです。起床時よりも、眠っている時のほうが、体がビタミンCを吸収する効率がアップするためです。


摂取したカロリーを、活動に必要なエネルギーに変えるには、ビタミンB群が有効です。そのため、運動の30分前摂取が、飲む時間に向いています。


ビタミンサプリメントの飲む時間は、どんなビタミンが含まれているサプリメントかによっても差が出ますので、場合によっては製造メーカーに問い合わせてもいいでしょう。



posted by vegimix at 17:07| ダイエット食品の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月17日

ダイエットにおすすめの食材


 食事にキャベツを取り入れるキャベツダイエットは高い効果があるといいますが、どんな食べ方をすると飽きずに続けられるでしょう。ダイエットに役立つことはもちろんのこと、長く続けられるおすすめのレシピをいくつかご紹介します。


水で洗ったキャベツは、食べやすい大きさに包丁で切っていきましょう。少量のドレッシングで味の変化をつけながら食べるだけの食べ方なら、簡単につくれるでしょう。


キャベツの切り方は、人によって好みに差があります。ざく切りのキャベツが好きだという人もいますが、細かな千切りを好むという人もいます。もしもダイエット目的であるなら、ざく切りキャベツが満腹しやすいようです。


キャベツを加熱することで、食べやすくするという方法もあります。家族みんなでキャベツを食べるなら、キャベツ1/2個がおすすめです。一人で蒸しキャベツを摂取する場合は、4つ割りにしたものの一つを使います。


ベーコンや豚肉、もやしと一緒にキャベツを蒸すことで、キャベツに肉や野菜の風味が移っておいしくなります。シリコンスチーマーや深めの皿にラップをして、電子レンジで温めるだけの調理方法なので、簡単で時間もかかりません。


できあがったら少量の塩やポン酢をかけて食べます。豚肉やベーコンは、ダイエット中ですので、入れすぎに注意しましょう。


ダイエットに適したキャベツ料理に、キャベツとソーセージのスープがあります。キャベツを食べやすい大きさに切って、ソーセージと煮るだけでスープをつくることができます。


調味料は簡単に塩のみでもいいですし、コンソメスープで煮込んでもいいですが、薄味を心がけます。キャベツとソーセージのスープは、冷えを解消し、お腹もふくらむ、低カロリーで嬉しい料理です。



posted by vegimix at 16:38| ダイエット食品の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

酵素ドリンクの効果とは?

 
 酵素ドリンクを飲んでダイエットをするという方法があります。酵素ドリンクをダイエットに活用する方法とは、どのような内容なのでしょうか。

ダイエットに酵素ドリンクと聞くと、手間がかかると思うような人もいるようですが、そうではありません。また、食事を我慢する必要がありません。無理な食事制限をしなくても、酵素ドリンクを使ったダイエットをすることはできるのです。



 酵素は体内に入ると、脂質やたんぱく質などを消化するのを助けてくれます。人が生きる上で、不可欠な成分だといえます。生活習慣の乱れや、レトルト食への依存度の上昇で、体に必要な栄養が足りていない人は少なくありません。


ですから、不要なものがどんどん溜まって、太りやすい体になってしまっているといえるでしょう。体が求めている栄養素を補給し、消化吸収を助けるために酵素ドリンクを飲むことで、より健康的な体になることができるでしょう。


酵素ドリンクを摂取することで、腸の働きが活発になり、便秘がよくなってデトックスにも効果的です。



 酵素ダイエットというと置き換えのハードなダイエットと思われがちですが、日常生活に酵素ドリンクを取り入れるだけででもダイエット効果を得ることはできるのです。


酵素ドリンクダイエットは、リバウンドの心配もあまりないといわれています。酵素ドリンクはダイエット後も飲み続けて構わない飲み物ですので、新陳代謝の高い体質のままでいることができるのです。

上手に酵素ドリンクを食生活に取り入れ、ダイエットに役立てましょう。


posted by vegimix at 11:11| ダイエット食品の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする